自分の力だけで夫の浮気を確かめたい!GPS追跡すれば探偵不要?

最近、夫がなんだか怪しい。浮気を疑い、なんとか自力で確認する方法はないか悩んでいませんか?

浮気を確かめたいだけなら、探偵は高すぎますよね。かといって、自力で尾行するのも現実的ではありません。夫が浮気しているのか、自力で調べたい。そんなとき、威力を発揮するのはGPSを使った追跡です。

GPSなら、夫がどこにいるのか、尾行せずともスマホやパソコンで確認できます。

けれど、使うときは慎重になりましょう。やみくもにGPSを取り付けても、期待する結果が得られるとは限りません。最悪の場合は、浮気を疑っていることが夫にバレて夫婦関係が険悪になったり、浮気の証拠を隠されたりするリスクもあります。

GPSの効果を最大限活用するためには、使うまえに機器の選び方や隠し場所、使うタイミングなどポイントをおさえておきましょう。今回は、夫にバレずに浮気を確かめる賢いGPSの使い方をまとめてみました。夫の浮気を疑ったときの、参考にしてくださいね。

夫婦でも無断でGPS追跡は違法?浮気調査のリスクと犯罪になるケース

GPS機能は、いまやスマートフォンに一般的に搭載されています。「GPSで居場所を探す」ことに、抵抗がないかたも多いでしょう。夫婦の間であれば、GPSを荷物や車に忍ばせて行動を探るのは明確に法律に抵触しないと考えるのが一般的です。しかし、度を超した追跡は犯罪となるリスクもあります。どんな行動が危険なのか、素人が陥りやすい間違いをご紹介します。

・アプリを夫の携帯に勝手にインストールする

相手の位置情報がわかる、いわゆる浮気対策のアプリというものがあります。夫に疑いの目をもったとき、そうしたお役立ちアプリを夫のスマホにインストールしたいと考えるかもしれません。

しかし、他人のIDやパスワードを不正に使用する行為は、「不正アクセス禁止法」に違反する恐れがあります。

浮気対策アプリの中には、インストールされていることがわからないようになっているものもあります。夫のスマホとパスワードさえわかれば、簡単に浮気調査ができると思っても、極力使わない方がよいでしょう。

・プライバシーの侵害やストーカー規制法に反するおそれ

GPSを忍ばせるということは、夫の行動記録が監視できるということです。浮気調査のためだけに使用するのであれば法的に問題がないとしても、その記録を悪用すると法を犯す可能性が出てきます。

ネット上で第三者にGPSの記録から浮気の事実を拡散したり、夫や浮気相手を脅迫するような行為は法を犯すリスクが高くなります。

GPSでの追跡が夫婦の間で問題がなくても、GPSが見つかり夫婦喧嘩になるリスクもあります。リスクを踏まえたうえで、GPSを使用するタイミングを選びましょう。

専用機器だけじゃない!iphone・スマホアプリ・キッズ携帯があれば

わざわざGPS機器を買うのも……と悩んでいるのなら、iPhoneやキッズ携帯の位置情報サービスを利用する方法もあります。とくにiPhoneは「iPhone」を探すといった位置情報を利用した機能に優れています。ただし、iPhoneを利用するには夫の同意を得るのが前提。どんな風に夫に納得させるのかは、少しばかり気をつけなければなりません。

iPhoneには、家族と位置情報を共有する「ファミリー共有」の機能がついています。あらかじめ設定しておけば、あなたのiPhoneから夫のiPhoneがどこにあるのか、すなわち夫がどこにいるのかをすぐに確認できます。

ファミリー共有は、「設定」>「ユーザー名」から設定します。共有したい家族の名前をタップし、相手方も承諾すれば設定は完了です。

このファミリー共有の機能を浮気追跡に使うには、あなたが夫の浮気を一ミリも疑っていないと装うことが大切です。その上で、「防犯のため」「災害など、もしものときのため」と理由をつけてファミリー共有の設定をします。

位置情報の共有は、いつでもオフにできます。夫の位置情報の共有がオフになっていたら、それこそ浮気の疑いが怪しいといえるでしょう。

子どもがいるご家庭で、夫の浮気疑惑が持ち上がったら、キッズ携帯を利用するのも一つの方法です。キッズ携帯には、防犯のための位置情報の確認機能がついています。夫のカバンにこっそり忍ばせておけば、どこにいったかを把握できます。万が一バレても、子どもが間違っていれたのかもと言い訳がききます。

スマホのアプリを活用するなら、「Suica Reader」が役立ちます。電車の乗り降りに使うSuicaをかざすだけで、使用区間などの履歴がわかるというものです。ただし、使用はNFC機能が搭載されているアンドロイド端末に限定されます。

GPS追跡でできるのは夫の居場所と行動パターンの確認!

では、GPSを使った場合どのような点から浮気を確認するのに役立つでしょうか?

・夫の嘘を見破る

GPSでできるのは、夫の居場所を確認するだけです。しかし、それは同時に夫の嘘発見器として使えます。夫が「休日出勤」といって出かけたのに、GPSの居場所がホテル街を指していたら? 「出張」といって家を空けているのに、GPSの場所はまったく別の位置にあったら? それはすなわち、夫が仕事を口実にどこかへ出かけているということです。

夫が浮気をしているかどうか、確かめるには十分な証拠になります。

・浮気の密会場所をつきとめる

浮気している確認から、一歩進んで夫の行動パターンを把握したいときにも、GPSは役立ちます。

浮気の密会現場をおさえるのに、なによりも重要なのが夫がどこで浮気相手と会っているのか把握することです。それさえわかっていれば、待ち伏せしてホテルへ入っていく二人の姿を写真に収めるのも不可能ではないかもしれません。探偵に確実な証拠を依頼するにしても、行動パターンがわかっていれば調査時間を短縮したり、証拠をつかむ精度を上げたりすることが可能です。

それには、1日だけではなく数日~1週間、GPSを活用するのが望ましいといえます。1日だけでは、浮気相手と会わないかもしれません。浮気の密会場所が、複数あることも考えられます。

車に取り付けるのであれば、1週間の追跡も夫に気づかれるリスクは低いでしょう。しかし、カバンやジャケットに忍ばせると発見される可能性が高くなります。事前に夫の行動を観察したうえで、帰りが遅くなりそうな日にあたりをつけ、GPSを使うタイミングを絞り込みましょう。

証拠としては弱い?浮気の真相を確かめるだけならGPSで充分

GPSを使うとき、注意しなければいけないことがあります。それは、GPSの記録だけでは「浮気の証拠として弱い」ということです。

いくらGPSがホテル街をさしていたとしても、その記録をもってして裁判で十分勝てる証拠とはいえません。GPSの位置情報が、実際と地図上でズレが発生する可能性もあります。なによりも、裁判で浮気を証明するには、二人が「不貞行為を持った」とわかるものが求められます。

しかしそれは、GPSが無力というわけではありません。GPSが役立つ人、そうでないケースとわかれるのです。

・GPSの利用が役立つパターン

夫が浮気しているのか確認だけしたい場合は、GPSが威力を発揮します。夫の行動記録から、本当に仕事に出かけているのか、外出先を偽っていないのか確認できます。

その記録を持って、夫と話し合いたいという考えなら、GPSだけで浮気の調査の目的を果たせます。

・GPSだけでは不十分なパターン

離婚や慰謝料の請求を考えているのなら、GPSでの浮気調査だけでは不十分です。夫が浮気を認めれば別ですが、GPSの位置情報だけでは認めない可能性があります。たとえ裁判に訴えたとしても、GPSの記録だけでは「夫が浮気相手と不貞行為を持った」という確実な証明とするのは難しいといえます。

自力で浮気調査をしたあと、慰謝料請求や離婚裁判を考えるのであれば探偵事務所に相談してみましょう。裁判でも通用する、浮気現場を押さえた証拠の確保に尽力をつくしてくれるでしょう。

・GPS機器の種類は?

GPSには、リアルタイム型とレコーダー型の2種類があります。どちらも、メリットデメリットがあるので、把握したうえで購入を検討しましょう。

リアルタイム型は、「いま夫がどこにいるか」をリアルタイムで把握できます。たとえあとでGPSがバレたとしても、夫の嘘を見破り浮気が確認できる可能性が高くなります。しかしその分、価格が若干高額です。電波の弱い場所でも位置情報を記録し確認できるといった精度の高いリアルタイムGPSは、2万円近くになります。

レコーダー型は、位置情報を器機に記録しておきあとでデータを確認できるものです。リアルタイム型より価格が抑えられる分、回収しないと位置情報がわからないというデメリットがあります。

・最新型は、滞在時間や移動速度もわかる

現在の位置情報を検索して把握するリアルタイム型の最新版が、自動追跡型とよばれるリアルタイムGPSです。スマホで現在地を簡単に確認できるだけでなく、場所への滞在時間や移動スピードの記録も残ります。ホテル街に何分間いたのか、把握できる貴重な資料となります。

・高額機種も、レンタルすれば費用を抑えられる

精度が高く、最新型のGPSはどうしても購入金額が高価です。そんなときは、GPSのレンタルを利用してみましょう。日割りでレンタルできるので、費用を節約できます。

こうしてみると、夫が浮気しているか悩んでいる段階の人に、GPSはぴったりだといえます。探偵に依頼するほど高額ではなく、夫の嘘の外出利用を見抜くのに十分な証拠をつかめます。夫の行動が疑わしいのなら、まずはGPSで自力で調査。そのあと、どうしたいかで探偵事務所に依頼したほうがいいのか、検討することができます。